Accessの関数で氏名を氏と名に分割する方法

Accessの関数を使って、氏名を「氏」と「名」に分割する方法を紹介します。この記事では、Split関数、Left関数、Right関数などを使用して、簡単に実現する方法を解説しています。氏名のデータ整理にお困りの方にとって、便利な情報です。

Boost Your SEO with Our Keyword Tracking Service!

Improve your search engine rankings and drive more relevant traffic to your website.

Learn More!
Table

ACCESSのDBをリレーションごとEXCELで使う【エクセル Power Pivot Table Relationship Data Model】

Accessの関数で氏名を氏と名に分割する方法

1. Split関数を使用する

Split関数は、指定した区切り文字に基づいて文字列を分割するために使用されます。

氏名を分割する場合、例えば「苗字, 名前」という形式で表されることが一般的です。この場合、Split関数を使用してコンマで文字列を分割することができます。

以下は、Split関数を使用して氏名を分割する例です。


Dim fullName As String
Dim lastName As String
Dim firstName As String

fullName = "山田, 太郎"
lastName = Split(fullName, ",")(0)
firstName = Split(fullName, ",")(1)

2. InStr関数とMid関数を使用する

InStr関数は、指定された文字列内で特定の文字列の最初の出現位置を検索するために使用されます。

Mid関数は、指定された文字列から特定の位置から指定された文字数を取得するために使用されます。

氏名を分割する場合、例えば「苗字 名前」という形式で表されることが一般的です。この場合、InStr関数を使用して空白の位置を検索し、Mid関数を使用して苗字と名前を取得することができます。

以下は、InStr関数とMid関数を使用して氏名を分割する例です。


Dim fullName As String
Dim lastName As String
Dim firstName As String

fullName = "山田 太郎"
lastName = Mid(fullName, 1, InStr(fullName, " ") - 1)
firstName = Mid(fullName, InStr(fullName, " ") + 1)

3. Left関数とRight関数を使用する

Left関数は、指定された文字列から最初の文字を取得するために使用されます。

Right関数は、指定された文字列から最後の文字を取得するために使用されます。

氏名を分割する場合、例えば「苗字 名前」という形式で表されることが一般的です。この場合、Left関数を使用して苗字を取得し、Right関数を使用して名前を取得することができます。

以下は、Left関数とRight関数を使用して氏名を分割する例です。


Dim fullName As String
Dim lastName As String
Dim firstName As String

fullName = "山田 太郎"
lastName = Left(fullName, InStr(fullName, " ") - 1)
firstName = Right(fullName, Len(fullName) - InStr(fullName, " "))

4. 関数を作成する

氏名を分割するために独自の関数を作成することも可能です。

以下は、自作の関数を使用して氏名を分割する例です。


Function SplitFullName(fullName As String) As Variant
    Dim names() As String
    
    names = Split(fullName, " ")
    SplitFullName = names
End Function

Dim fullName As String
Dim lastName As String
Dim firstName As String

fullName = "山田 太郎"
lastName = SplitFullName(fullName)(0)
firstName = SplitFullName(fullName)(1)

5. 変数への代入方法

氏名を分割した結果を変数に代入する方法は、前述の方法と同様に使用できます。

以下は、変数に代入する例です。


Dim fullName As String
Dim lastName As String
Dim firstName As String

fullName = "山田 太郎"

' 方法1: Split関数を使用する場合
lastName = Split(fullName, " ")(0)
firstName = Split(fullName, " ")(1)

' 方法2: InStr関数とMid関数を使用する場合
lastName = Mid(fullName, 1, InStr(fullName, " ") - 1)
firstName = Mid(fullName, InStr(fullName, " ") + 1)

' 方法3: Left関数とRight関数を使用する場合
lastName = Left(fullName, InStr(fullName, " ") - 1)
firstName = Right(fullName, Len(fullName) - InStr(fullName, " "))

' 方法4: 関数を使用する場合
lastName = SplitFullName(fullName)(0)
firstName = SplitFullName(fullName)(1)

よくある質問

Accessの関数で氏名を氏と名に分割する方法は何ですか?

Split関数を使用して、氏名をに分割できます。

分割した氏名データをどのようにデータベースで利用できますか?

氏名データをに分割してデータベースに保存し、それぞれを独立したフィールドとして利用できます。

Accessの関数を使用せずに、氏名を分割する方法はありますか?

はい、Accessで氏名を分割する方法はあります。通常のテキスト関数スプリット関数を使用して、フルネームを分割できます。

分割したデータを統合して表示するための方法はありますか?

はい、Microsoft Accessを使用して、クエリを使って複数のテーブルからデータを結合することができます。

分割された氏名データを検索や並べ替える場合、注意すべきことはありますか?

はい、分割された氏名データを検索や並べ替える際に適切な結合方法を選ぶことが重要です。

Accessの関数で氏名を氏と名に分割する方法 に類似した他の記事を知りたい場合は、Access no Fōmu to Repōto カテゴリにアクセスしてください。