Accessのクエリで未入力/入力済みのデータだけを抽出する方法

Accessのクエリでは、未入力または入力済みのデータを抽出する方法があります。この記事では、簡単な手順を通じて、データベースから必要な情報のみを抽出する方法について解説します。未入力のデータを見つけるためには、是非ご覧ください!

Table

【Excel講座】スタイリッシュなダッシュボードのかんたん作成★初心者でもサクッと作れる!

Accessのクエリで未入力/入力済みのデータだけを抽出する方法

1. ヌル値を含むデータを抽出する

Accessのクエリを使用して、特定のフィールドにヌル(未入力)値が含まれるレコードを抽出することができます。クエリを作成し、フィールドの条件に「Is Null」と入力します。これにより、対象のフィールドがヌル値の場合にのみレコードが選択されます。

2. データが入力済みのフィールドを抽出する

Accessのクエリを使用して、特定のフィールドに値が入力されているレコードのみを抽出する方法もあります。クエリを作成し、フィールドの条件に「Is Not Null」と入力します。これにより、対象のフィールドが空ではない(値が入力されている)場合にのみレコードが選択されます。

3. ヌル値と入力値を同時に抽出する

Accessのクエリでは、「ヌル値を含むデータを抽出する」および「データが入力済みのフィールドを抽出する」方法を組み合わせることも可能です。条件を指定せずにクエリを作成すると、ヌル値および入力済みの両方のデータが抽出されます。

4. 特定のフィールドの未入力/入力済みデータを抽出する

特定のフィールドに対して未入力または入力済みのデータを抽出したい場合は、クエリでそのフィールドの条件を指定します。たとえば、「フィールド名 Is Null」と入力すると、そのフィールドがヌル値のレコードのみが抽出されます。

5. 抽出結果を他のテーブルに保存する

Accessのクエリ結果を他のテーブルに保存することも可能です。新しいテーブルを作成し、クエリを実行した後、新しいテーブルに結果が保存されます。これにより、抽出したデータを後で参照または処理することができます。

よくある質問

Accessのクエリで未入力のデータを抽出する方法は?

Accessのクエリで未入力のデータを抽出する方法は、NULLクリテリアを使用することです。

入力済みのデータだけを抽出するためのAccessのクエリはどのように作成しますか?

入力済みのデータだけを抽出するためのAccessのクエリは、条件付きのクエリを使用して作成します。例えば、入力済みフィールドが空でないレコードだけを抽出するには、「Is Not Null」という条件を使用します。

ユーザーが未入力のデータを特定できるように、Accessでのフォームの設定方法は?

フォームの制約プロパティを使用して、必須入力を設定します。

入力済みのデータだけを含むレポートを作成する場合、Accessでの手順は?

フィルタリングを使用して、「入力済みのデータのみを含むクエリ」を作成し、そのクエリをレポートのデータソースとして指定します。

Accessのクエリで、未入力/入力済みのデータを条件付きで抽出する手法は?

未入力のデータを抽出するにはIS NULL 条件を使用し、入力済みのデータを抽出するにはIS NOT NULL 条件を使用します。

Accessのクエリで未入力/入力済みのデータだけを抽出する方法 に類似した他の記事を知りたい場合は、Access no Ku~erī to Dēta Sōsa カテゴリにアクセスしてください。